トップ / 麻酔科についての問題

チーム

麻酔科による名義貸しの原因とは

麻酔科の名義貸しが、医療界で取り沙汰されています。これは、大学病院に勤務する医師を常勤医として扱うことで、定員不足を補うかたちで行われている模様です。常勤医としてやる気が失われた職場環境に問題があると指摘されている麻酔科の名義貸しです。ただでさえ長時間の労働を強いられているのに、外科医に代用できるといった根拠のない言葉がささやかれています。また、診療報酬のみの評価が所得の減少を招くきっかけとなり、医療界体質の改善が急がれるものとなります。

名義貸しのない麻酔科で

患者さんの病気や怪我の痛みを軽減することができる麻酔は医療においてとても重要な役割を持っています。そんなスペシャリストである麻酔科で医師として働きたいと考えている方も多いでしょう。こうした病院では、名義貸しによる経営が問題視されていましたが、近年では取り締まりが厳しくなっているため、減ってきています。もし良い所を探しているのならば、こうした名義貸しでない病院を選ぶことによって、安心して麻酔科の業務に打ち込むことができるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.