トップ / 歯科衛生士の仕事について

チーム

歯科衛生士の仕事とは

歯科衛生士とは、厚生労働省指定の養成所を出て、国家試験に合格して、手にできる国家資格の専門職です。歯と口腔の健康は「自分で美味しく食事をする」「楽しく会話する」など、健康な生活をするための基本です。現在、歯と口腔が健康であれば、全身が健康でいられると言う事が分かり、歯科衛生士の関心が高まっています。この仕事は法律的に三つの業務があります。まずは、虫歯と歯周病の予防措置です。そのために、フッ化物塗布とか歯石除去など、機械を使っての歯の清掃など歯科医療現場での予防処置があります。

歯科衛生士の業務内容について

歯科衛生士の業務には、歯科医療現場で歯科医師と協働して、歯科医師を補助したり、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するという事もあります。他にも、虫歯や歯周病を予防するための保健指導もあります。その中で歯磨きを中心とした歯垢清掃をし、その方法を指導する事は大切な仕事です。小学生や幼稚園や保育所での歯磨き指導や、寝たきりの人や要介護者に対する訪問口腔ケアも大切ですし、最近では食物の噛み方や食べ方を通した食育支援、高齢者や要介護者の接触、嚥下機能訓練も重要な分野となってきています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.