トップ / 医師が離職する理由とは

チーム

病院での医師の離職率

たくさんの勉強とたくさんのお金を使って、大学の医学部にはいり、その後に国家試験を受け、受かった人のみが医師になります。そのあとは、だいたいの人は病院勤務になり、その病院で修業をすることになります。病院での給料はかなり高額であり、ほかのもっとたくさんの給料をもらえる病院へ移っていく人もいます。本人は、今までにたくさんのお金を使ってきたので、もっとたくさんの給料がほしいのでしょうが、患者側にとっては、医師が離職されては困る状況もあります。

医師の離職率について

どんな仕事にせよ、離職率には注目が集まるものです。医師に関しては、多くの努力をして国家試験に合格した人は一度手に入れた地位を捨てて転職をする人はごく少数だといえるでしょう。中には離職する人もいますが、大学などに研究者として転職する人が大多数でネガティブな理由で退職する人は少ないのです。しかし、病院勤務の場合だと中には給料や待遇などもっと良い条件を求めて、他の病院へ移る方もいます。患者の立場からすると担当の医師に離職してほしくないものです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.