トップ / 様々な医師の考えがある

チーム

医師の勤続年数と地位について

医師になるには、たくさん勉強し、大学の医学部へ入学し、たくさんの授業料を払い、6年間のたいへんな勉強をし、その後に国家試験に合格してはじめて免許を貰えます。専門的な勉強をしていない人には無理な話です。その中で医師になった人々は超エリートでたくさんの報酬を受けることになります。すべての人ではありませんが、人間の欲は限りないようで、大学病院では患者のためというよりも自分の地位の向上のみに力をいれている方もたくさんいるようです。そのような方々は、患者の診察などせずに論文ばかりに興味を持ち、医者としての地位向上がすべてと思っているようです。世界レベルでの医学の進歩のためには、論文を書いて世界レベルになることも必要なのでしょうが、われわれ側からみれば、論文よりも1人1人の病気をなおしてくれる医者のほうがよっぽど立派と思います。サラリーマンでも、地位向上が出世ですから文句は言えませんが、少しでも考えてほしいです。

地位の高さとチーム医療

現在の日本では医師の地位は他の医療従事者と比べると高いです。そのため、他の医療従事者に対しては高圧的な態度を取る患者やその家族であっても地位が高いため、彼らの言う事を素直にきくケースが少なくないです。彼らに対して不平や不満があっても地位の事やケアを受けられなくなるかもしれないという恐怖心からそれを医師自身に対して直接言う事はほとんどないです。反面、他の医療従事者が患者や家族の愚痴や不満のはけ口となり、彼らの心身の健康を支えているケースが少なくないです。他の医療従事者よりも高い位置にあると考えているドクターは多いです。そのため、チームで患者やその家族のケアに取り組まなければならないケースであっても自分勝手な行動をし、チーム医療に悪影響をもたらすケースが多くあります。チーム医療を行うにあたってすべての関係者がフラットな状態で業務に従事する事が出来ないという問題があります。尊敬される存在であっても医療に悪影響を及ぼす存在になってはならないです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.