トップ / クレーム対応する医師

チーム

医師のクレーム対応の仕方

どんな職業でもクレーム対応はとても大変な作業です。そして医師という職業にもクレーム対応はあります。病院側に非がある場合には、きちんと謝ることが大切です。また病院に問題がなく、患者さん側の誤解によって問題が生じている場合もあります。その場合には、しっかりと患者さんに説明を続けて納得をしていただきましょう。疚しいことがないのであれば、安易に誤ってクレームを治めようとするのではなく、毅然とした態度をとりましょう。どちらにせよ患者さんの言葉に真摯に耳を傾け、早急に対応することが問題を大きくしないために医師にとって

医師のクレーム対応方法

医師として業務を行なっていると意図しない方向に病気や怪我が進行してしまい、治癒までに相当な時間がかかる場合があります。その際本人や家族からのクレーム対応に追われることになります。良く行われる謝罪は言い訳をするだけで気持ちが入っていない方法です。これから求められるものはサービス業としての病院です。本人や家族の立場に立って誠心誠意対応することが求められています。言い訳をするのではなく、発生原因は何だったのか、今後どのようにしていくのかを明確にすることが医師に求められています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.