トップ / 医師が救急車に同乗する時

チーム

医師も救急車に乗って搬送する

医師は通常病院に待機して、救急車で搬送されてきた患者を受け入れて治療するといったイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、時には、救急車に乗って他の病院に搬送することもあるのです。患者が自分の病院に運ばれてきたけれど、設備的なもので治療ができない場合や、より高度な治療が必要な場合に、専門病院にその救急患者を運ぶことがあるのです。その際は患者も重症であることが多く、医師の同乗が必要な場合が多いです。また搬送病院で、申し送ることも重要な役割の1つです。

救急車搬送後の医師の処置

だれでも緊急の病気やけがをした場合に、救急車を呼びます。数分で救急車は来てくれますが、それから病院へ行っても順番がまわってこずに医師の処置をなかなかしてくれないということがあります。患者にとっての病気やけがは、めったにないことなのでたいへんに心配であり、どきどきしている状態です。しかしながら、毎日、つぎからつぎへ患者をみてなれている医師です。緊急性の高い患者から診ているなどの理由もあり、長時間待たなければならないこともあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.