トップ

チーム

医師が転職を希望する理由

医師が転職を希望する理由は他院への転職と独立の2通りに分かれます。他院への転職の場合は理由について細かく聞かれ、さらに前の会社では解決できない問題なのかといった意地悪な質問をされる場合もありますので、回答を準備しておきます。独立して自分の医療機関を持つ場合は、逆に新しくスタッフになって下さる方を面接する立場になりますが、医師とスタッフの相性や連携はとても大切なので、お互いの意思の疎通が出来るかどうかが大切です。また中には、離島など医療機関が少なくて困っている場所に開院して、患者さんを診る方もいらっしゃいます。必要な機械や道具を揃えるのが大変な場合もありますが、1人でも多くの患者さんを救いたいという理由から、人口が少ない土地に住み込むケースも少なくありません。毎日が慌ただしい医療機関よりも、これまでのキャリアを生かして多くの住民の健康管理のお手伝いが出来ればと考えている医者は意外と多いものです。

転職は難しいものなのか

医師は、大学を卒業するとそれぞれの医局に所属し、医局長の指示の元、働く病院を決めたり転勤したりすることが一般的といえます。しかし、こうした医局の体制になじめず、医局を離れて自分の希望する道を進んでいくような医師も少なくありません。それらの医師は、自分で仕事を探すという困難さはありますが、自分の希望する病院や年収などを求めて転職をすることも、一般的となってきています。またその分野に特化した転職サイトもあり、以前よりも転職情報を得やすくなってきています。医療の分野というのは、専門的な知識が必要とされ、それを行うためには、国家資格が必要です。そのため雇用に関する条件もより良いものとなってきます。医療にかかわるので、勤務体制は夜勤や当直などあるでしょう。しかし、勤務時間の面や給料の面では他の職業よりも優遇されたものが多いです。条件を選ばなければ、病院を変えることは難しいことではありません。まだまだ需要は多いといえるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の転職に関する知識. All rights reserved.